11/30付けの山梨日々新聞、「山梨2区 立候補予定者にここが聞きたい(4)」に掲載されました。

Q消費増税の使い道は?

必需品には軽減税率必要

少子高齢化が進み生産年齢人口が減少していますので、社会保険料にかかる国民の負担が増大しています。国や地方公共団体では、社会保障制度に関係する負担が増大して財政状況が悪化しています。安定した財源を確保しながら受益と負担の均衡がとれた、持続可能な社会保障制度の確立が必要です。そのための消費増税ですが、この消費税は全額が社会保障に使われ、道路や施設などの箱ものに使わないのは当然です。それより何より消費増税はデフレからの脱却が前提であり、生活必需品の税率を引き下げる軽減税率の導入も必要だと考えています。

堀内 詔子氏(自民新)

2012/11/30 山梨日々新聞より転載