◆ 追記 2020/7/10

【農林漁業者の皆様へ】経営継続補助金のお知らせ

感染拡大対策を行いつつ、販路の回復・開拓、生産・販売方法の確立などの経営継続に向けた農林漁業者の取り組みを支援します。

持続化給付金とはどこが違うの?

持続化給付金とは?

コロナの影響を受け、前年同月比の売上が50%以上減少した事業者(農林漁業者等含む)を対象として、法人は最大200万円、個人事業者は最大100万円を給付するも
の。給付金ですので、補助金のような使途の制限はありません。

経営継続補助金とは?

売上減少を要件とせず、常時従業員数が20人以下の農林漁業者(個人および法人)を対象に、経営継続に向けた取組に対して補助率3/4(上限100万円)、新型コロナウイルス感染防止対策に対して定額(上限50万円)を助成する補助金(自己負担あり)

持続化給付金を受けているいないに関わらず申請可能です。
また、前年の売上げが要件となっていないため、持続化給付金の要件に当てはまらない農林漁業者の皆様に活用していただけます。

なお、1次募集は6/29~7/29となっていますが、営農の繁忙期が重なっていたり災害により申請できない方への配慮から、2次募集を検討しています。もちろん、1次募集に残念ながら採択されなかった方も再申請可能です!

2次募集は、1次募集の採択決定後の9月中旬を受付開始、10月中旬締切(締切後~11月下旬交付決定)としています。

経営継続補助金の説明動画(分かりやすく解説しています!)

農林水産省HP

経営継続補助金:農林水産省

新型コロナウイルス感染症の影響を克服するために、感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援することによって、地域を支える農林漁業者の経営の継続を図ります。 経営継続補助金説明資料(第3版)(PDF : 474KB) 経営継続補助金の概要(PDF : 447KB) 経営継続補助金の2次募集スケジュールが公表されました。 …


■ この記事の最終更新日は