5月16日(木)、特急「あずさ」の山梨県内の停車駅を減らされた件に対し、自民党幹事長、総務会長、政調会長、国土交通省、JR東日本に対して、利便性向上に向けた支援を求める申し入れを行いました。

「あずさ」の停車本数が削減された時間帯における特急「かいじ」の運行や特急「はちおうじ」の延伸など通勤通学の時間帯における交通アクセスの向上や、観光シーズンなどにおける臨時列車の運行など、利用者ニーズに合わせた取り組みを求めました。