7月9日(金)、官邸で開催された大雨に間する「非常災害対策本部会議」に出席しました。

本日の会議では、7月1日以降の静岡県、神奈川県、中国地方などを中心とする大雨への政府の対応について議論を行いました。

私からは、環境省の対応として以下の3点について発言致しました。

    • 静岡県熱海市の災害廃棄物については市が仮置き場を設置しており、環境省からも職員を現地に派遣して対応していること。
    • 中国地方の大雨についても現地に職員を派遣して情報収集していること。
    • 避難者やボランティアの方々に対して熱中症の注意喚起を行うよう自治体に連絡していること。

また、本日は、福島第一原子力発電所の処理水の処分に関する会議にも参加し、関係業界団体や自治体と意見交換を行いました。

前の記事【公立小学校へのスクールバスの導入に関する勉強会】緊急決議を棚橋国家公安委員長に提出しました
次の記事「自民党山梨県連総務会」と「自民党第二選挙区支部支部長会議」が開催されました