台風5号の災害現場を視察しました。
大月消防署と東部建設事務所を訪問し、現場を確認、その後、高月橋の岩殿山の崩落現場、畑倉の土砂流出現場などを視察しました。


昨日の午後6時前には中央自動車道下り線の大月JCT-大月IC区間の通行止めが解除されていますが、大月市内では、あと2ケ所通行止めとなっています。

後日、大月市賑岡町浅利地区の現場にも出向きました。人的被害はなかったとはいえ、別荘敷地内にある小屋の一部が壊れており、すぐ近くには別の建物も2棟ありました。監視体制を強化するとともに、二次災害防止のため、さらには今後のためにも、災害が起きた場所の地質やなぜ発生したのかの調査が必要です。

東部建設事務所など関係機関に早期復旧及び調査の働きかけをしました。