2017年 12月 17日 日曜日

ネット献金のご案内

平素より私の政治活動に深いご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

私は2012年に行われました第46回衆議院議員選挙において初当選させていただきました。
山梨2区を政治活動の基盤とし、今、東京と山梨を往復しながら、国のため、地域のため、懸命に取り組んでおります。

さて、この度、ネット上での個人献金の窓口を開設させていただきました。
今後の政治活動に対するお力添えとして皆様のご協力をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

ネット献金に関するよくある質問

Q1.寄附はいくらからできますか?

A1.「楽天LOVE JAPAN」経由のネット献金は1,000円からの受付けとなります。 なお、ご寄附は堀内詔子の資金管理団体「クローバーの会」でお受けいたします。 政治資金規正法に基づき献金額の上限は年間で総額1000万円、個別の政治家に対して150万円となっております。

Q2.所得税の控除はできますか?

A2.堀内詔子の資金管理団体「クローバーの会」へのご寄附は寄附金控除の対象になります。 領収書や寄附金控除のための書類が必要な場合には、堀内詔子事務所までご連絡下さい。 (寄附金控除についての詳細は国税庁のホームページをご覧ください)

Q3.献金者の情報が公表されることはありますか?

A3.政治資金規正法により、年間額5万円を超える寄附に関してはご寄附下さった方の住所・氏名・職業及び金額と寄附日が総務省に提出する収支報告書に掲載、開示されますが、堀内詔子事務所におきましては、特にお申し出のない限り年間5万円以下のご寄附も全て掲載、開示しておりますので予めご了承ください。

Q4.匿名での寄附はできますか?

A4.政治資金規正法により匿名(借名、仮名含む)による寄附は認められておりません。 また、献金者本人の自由な意思に基づかない利用(あっせん、強制を受けた利用を含む)、代理人、代行者による利用は認められません。 政治家の資金管理団体に対する企業、団体も認められておりません。

Q5.誰でも献金できますか?

A5.政治資金規正法により政治献金は日本国籍を有する方に限られています。 また公職選挙法に基づき20歳未満の方は利用できません。

Q6.寄附の特典はありますか?

A6.Web会員に登録させていただきます。堀内詔子の政治活動のご報告を定期的にさせていただきます。

献金はこちらからお願いします

※ 楽天政治 LOVE JAPAN 堀内詔子議員のページにジャンプします。

堀内のり子
衆議院議員 山梨2区 自由民主党山梨県第二選挙区支部長 元厚生労働大臣政務官