「談合坂SAへのスマートIC設置」と、「中部横断自動車道の早期実現と中富IC(仮称)設置」に関して、の江口市長、身延町の望月町長と共に、国土交通省 菊川滋 技監にお会いし、直接要望書を提出してまいりました。

これらインターチェンジの設置は、観光面、地域交流などの地域振興に役立つだけではなく、災害発生時の緊急輸送経路の確保などとても重要な役目を担うことになります。

引き続き設置実現に向けて、と身延町、そして国と連携を図りながら事業を進めてまいります。

■ この記事の最終更新日は