国連総会において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

日本においても、実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っており、毎年4月2日~8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

東京タワーで点灯式もありました。私の地元山梨県でも市役所、富士山レーダードームや遊園地のアトラクションがブルーにライトアップされています。

自閉症など発達障害について正しく理解していただくことは、発達障害のある方だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと思っています。

 

■ この記事の最終更新日は