7月18日(水)の国会での活動報告です。

自民党行政改革EBPMレビューに出席しました。

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・ メイキング)とは、証拠に基づく政策立案のことです。
我が国の直面する様々な政策課題に、政権与党として責任をもって取り組んでいかねばなりません。限られた予算・資源のもとで政策効果を最大限発揮させるために、証拠に基づいて合理的に政策判断を行うための会議です。

今回は省エネルギー投資促進に向けた支援補助金についてです。補助金が無かったらどうだったのか、省エネ対策の進捗状況などより具体的な説明が必要などの意見がありました。

金融調査会・若手議員勉強会に出席いたしました。

「金融仲介機能の十分な発揮に関する金融行政の取組について」金融庁からご説明を受けました。
私からは、ゆうちょ銀行と地域金融機関との連携促進、連携を通じた地域経済の活性化への貢献について質問させていただきました。更なる推進の必要について意見が出されました。

また、2025大阪・関西万博誘致PRイベントにも出席しました。