9月4日(金)、自民党新型コロナウィルス関連肺炎対策本部に出席し、現状把握と対策について議論しました。

新型コロナ対策には一刻の猶予もありません。岸田政調会長からも、先ずは国民の命と暮らしを守り抜く新型コロナ対策に万全を期すとのご発言がありました。

これから秋、冬のインフルエンザ流行期を前にして、医療機関の不安、そして国民皆様方の経済、生活の不安を払い除くことを最優先に、しっかりと取り組んでまいります。