6月24日(水)、自民党女性局役員会が開催されました。

  1. 女性未来塾再始動の件
  2. 女性局全国女性議員政策研究会の件
  3. テレワークプロジェクトチームより報告

などについて、活発に意見交換されました。
私からはテレワークについて、地元の支援者の方の話を例に挙げて意見を述べさせていただきました。

19日に県をまたぐ往来が解除され、久しぶりに地元に戻った際、「孫と娘が2カ月ほどいてね」と明るく話してくださった方にお目にかかりました。また、「若い方が村を気に入って、移住してくれるそうだ」と自慢気に話してくださった方もいました。コロナを機に働き方や生活の価値観に変化が見られ、ICTなどの技術が飛躍的に普及し、東京一極集中の是正が叫ばれています。アフターコロナは活気あふれる地域の幕開けです。私も日本のため、ふるさとのため、もっともっと懸命に取り組みます。

 

■ この記事の最終更新日は