10月21日(日)、上野原市のもみじホールで開催された、第62回県母子寡婦福祉大会に出席させて頂きました。

事故や病気で片親を失ったご家庭や昨今では離婚率の上昇という、新たな局面も迎えていますが、さまざまな理由で独り親となったご家庭は経済的に困窮する率が高い現実があります。

関係する皆様の大変なご努力に改めて敬意を表しますとともに、これからも自立支援の拡充は元より、離婚を考え直していただけるようなサポート態勢などの取り組みも必要だと思いました。