【産前産後のお母さんの心と体に寄り添いながら、お母さんが明るい気持ちで子育てができるように】

~産後ケア法案~

衆院厚生労働委員会は11月22日(金)、出産後まもない母親と子どもを支援する「産後ケア事業」の実施を、市区町村の努力義務とする母子保健法改正案を、委員長提案の形で衆院に提出することを全会一致で決めました。

現在は予算事業として行われている産後ケア施設ですが、大変なニーズがあり、法による明確な位置づけが強く望まれてきました。

山梨県では、2016(平成28)年1月に「産前産後ケアセンター」がに完成、県と市町村が連携して宿泊型産後ケア施設に取り組むのは全国初のことでした。

産前産後のお母さんと子どもたちのため、引き続き成立に向けて頑張ります。

※ご参考:堀内のり子HP

■ この記事の最終更新日は