毎年8月26日は「吉田の火祭り」。
日本三奇祭にも数えられ、夏の富士山の山じまいのお祭りで富士吉田市を代表するお祭りです。

8月26日の午後、神社で神事が催行された後、「お明神さん」と、「お山さん」の2基のお神輿が上吉田地区の氏子中を練り歩きます。子ども神輿もあり、街の子どもたちが「お明神さん」と「お山さん」に先行して、元気よく進みます。
夕暮れ時に「御旅所(おたびしょ)」に奉安され、同時に高さ3メートルの大松明70余本に一斉に点火されますが、とても迫力のある光景が街中に広がります。

翌日27日は「すすき祭り」と呼ばれています。夕闇迫る頃、2基のお神輿は浅間神社に還御します。幻想的で荘厳な中、お祭りはクライマックスを迎えます。

後世にずっと残していきたい素晴らしいお祭りです。