11月7日(木)の主な活動報告です。

【未来を担う子どもたちのため】人口減少社会対策特別委員会

幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査について厚生労働省より説明をいただき、その後、意見交換いたしました。

平成27年に施行された「子ども・子育て支援新制度」は今年度で5年を迎え、次の5年間に向けて制度全般や公定価格の見直しを検討する時期を迎えています。

わが国の宝である「子ども」を第一に考え、課題を克服していかなければなりません。保育の質の確保と拡充のためにも、公定価格の見直しについては、必要な費用について根拠を持って積算している「積み上げ方式」を堅持すべきと発言させていただきました。

【災害に屈しない国土づくり】自民党国土交通部会

インフラの整備による防災・減災効果や、その現状について国土交通省から説明をいただき、その後意見交換いたしました。

災害に強い国づくりのため、引き続き懸命に取り組んでまいります。

本日は、本会議も開催されました。