【山梨県、長野県と東京を結ぶ大動脈、中央東線!】

東日本旅客鉄道㈱および国土交通省へ、高速化及び輸送力の強化や利便性向上などについて要望活動を行いました。

JR東日本の西野史尚副社長様、国土交通省の水嶋智鉄道局長様に要望書お渡ししました。

中央東線は明治44年の全線開通以来、山梨県、長野県と首都東京を結ぶ大動脈として、地域の歴史や文化を育みながら地域沿線の発展・活性化の基礎を活性化を担ってきました。

地域住民やビジネスパーソン、観光客にとって極めて重要な交通手段である中央東線について、引き続き、関係者一同力を合わせて取り組んでまいります。

■ この記事の最終更新日は