【富士山噴火に備えた広域訓練を!】

5月20日(木)、山梨、静岡、神奈川3県の自民党若手議員で構成された「富士山噴火に備える勉強会」として、富士山噴火に備えた避難訓練・教育の整備拡充を国に求めました。

この勉強会では、4月21日に地方自治体にもオンラインで参加を呼びかけ、意見交換させていただきました。

 

「富士山の噴火に備える勉強会」を開催

本日は、国土交通省中部地方整備局富士砂防事務所の藤平大所長に「富士山噴火のシミュレーションについて」お話を伺いました。 山梨県、静岡県、神奈川県に関係する3期までの国会議員を中心に勉強会を開催しましたが、今回は、それぞれ地元の市町村や県議会議員の先生方にもご参加いただきました。 …

 

富士山は季節によって積雪状況や観光面の混雑状況が異なります。さまざまなシミュレーションによる県をまたいだ広域訓練が重要であり、計画・実施には国のリーダーシップが必要です。