自民党山梨県第二選挙区支部の拡大研修会が9月6日、富士吉田市で関係者約300人が参加して開かれました。

講師に招いた山本幸三地方創生担当大臣は、「山梨県は富士山だけでなく、歴史も文化芸術も自慢できる。しっかりした仕掛けで外国人の長期滞在を可能にする国際観光地にしてほしい」と提言しました。

また、岸田文雄外務大臣からも、政務官に就任したことに触れて「厚生労働省は国家予算の3分の1を占めており、政務官ポストは最も競争率が高い。そこに抜擢された。今までこの分野において真面目に熱心に取り組んでいた姿勢が評価された」というお言葉をいただきました。