【地方公共団体管理道路における国(権限代行)により災害復旧について】

台風19号を大規模災害復興法に基づく非常災害に指定し、甚大な被害が出た地方自治体が管理する道路の復旧を国が直轄事業として代行することになりました。

相模原市の国道413号の土砂崩落についても対象となります。
1日も早い地域の安全・安心のため、2020東京オリンピック・パラリンピックの自転車ロードレース成功のため、引き続き、国として全面的に取り組んでまいります。