3月29日(水)、医療法人輝生会「初台リハビリテーション病院」を視察させていただきました。
初台リハビリテ―ション病院は、「輝生会」の拠点病院で173床、425名の常勤職員が働いています。

入院されている方々は80%が脳梗塞、脳出血疾病の回復期リハ入院です。

医療法人輝生会「初台リハビリテーション病院」を視察リハビリとケアーが一つのリハ・ケア部となり、医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士の皆様が一つのチームを作り、患者さんの治療にあたります。

ユニホームの統一、西洋・和食・中華料理の専門料理人が食事を提供されていて、とても充実しています。

家に帰るためのリハビリを想定して、右・左の麻痺により、ベットの位置、トイレも2つあります。車いすも、それぞれのお体に合わせて用意されています。

大変勉強になりました。ご説明に同行していただいた森本栄先生、ありがとうございました。