8月7日(月)、台風5号が接近する大雨の中ではありましたが、事業進行中の「富士吉田西桂スマートIC」と「県道富士吉田西桂線」を杉山肇県議、渡辺淳也県議と地元の議員さん、後援会の皆様と一緒に視察しました。中日本高速道路の担当職員の方に案内していただきました。


スマートIC工事は硬い溶岩層に難航しているとのことですが、平成30年春の供用開始を目指しています。
県道富士吉田・西桂線の未開通部分は現在、用地買収と並行して一部工事着工しました。平成34年の全面開通を目指しています。

2つの事業の早期完成を目指し、引き続き地元県議はじめ関係する皆様と連携して、国や県に働きかけしてまいります。