5月26日(土)、上野原中学校で開催された「第14回太陽のつどい」にお邪魔しました。

このイベントは、民が年齢、性別、障害などに関係なく、ゲームやダンスなどで触れ合い、地域の福祉の向上を推進する交流の場として催されています。とても意義のあるイベントだと思います。

各種福祉団体やボランティア団体などのバザーもあり、おにぎりやとん汁などがふるまわれ、毎年1000人以上の市民が参加するそうです。

抽選会でお米が当たって大喜びの方もいらっしゃいました。

 

■ この記事の最終更新日は