7月29日(金)、自民党「カフェスタ」テレビに出演しました。
竹本直一(自民党超伝導リニア鉄道に関する委員長)先生とご一緒に、夏休み特別番組「リニア中央新幹線」についての番組です。

 

父、堀内光雄が「夢の物語」として取り組まれた歴史。
昭和37年研究が開始されました。リニアモータカーを浮上させるための超伝導資材をどうするのか、当初の案では大量の銅線が必要で巨額の資金が必要となり、夢の話と一蹴されました。

超伝導資材の研究をはじめ、社会的・技術的・財政的理由から、厳しい反対の中でのスタートでした。平成2年山梨実験線が着手され、JR東海が中心となり調査が進んで行きます。

平成27年4月には、有人走行603km/時間が、実現しました。

 

「カフェスタ」を是非ご覧ください!