先日、「マム」のクリスマスTPOパーティーに出席させていただきました。

毎年開催されているこのパーティーは、何らかのハンディキャプを持つお子さまが、就労や自立に向けて社会的「TPOを学ぶ」パーティーです。音楽や人とふれあいながら、互いに理解を深めるための大切な場となっているこのパーティーは、お母さんやそれを支える周りの方々の愛情がたっぷり感じられる本当に素晴らしい場所であると思います。

ハンディキャップを持つ方々が日々安心して暮らしていくためには周囲の正しい理解が不可欠です。私も国会議員として、また母親としてその環境を整えていくことを義務と心得、引き続き一生懸命取り組んで参ります。

会場入り口では富士河口湖キャラクターの「ふじぴょん」がお出迎えしてくれました。