9月3日(日)、都留市総合防災訓練がありました。
子どもから大人までたくさんの地域住民参加の下、開催されました。消防隊による土のう造り、小学生による煙体験、また救護所の開設と炊き出し訓練など、実践に即した内容でした。
災害時には行政による「公助」の前に、まずは自らの備え「自助」と、ご近所同士の助け合い「互助・共助」がとても重要です。こういった子どもから大人まで地域住民総出の訓練は、いざという時に必ず自らを守ることにつながると思います。