出初式】迅速な対応と広域連携で火災被害を最小限に、訓練と体制の重要性を称えつつ被災者への祈りも

消防団「出初式」に出席しました。

富士吉田市においては昨年、大きな火災が発生しましたが、いずれも消防団の迅速な対応、広域自治体とのスムーズな連携により、被害を最小限に食い止めることができました。

日頃からの厳しい訓練、そして広域連携体制構築の賜物であると、改めて敬意と感謝を申し上げます。

富士吉田市においても、能登半島地震で尊い命を失った皆様、被災された皆様に衷心よりお見舞い申し上げ、被災地の一日も早い復興、そして一日も早く平穏な生活が戻ることをお祈り致しました。

前の記事【都留市 出初式】500名参集、消防団の充実と地域防災の要の役割
次の記事【令和6年能登半島地震対策本部】激甚災害指定に伴う特別財政措置、被災者の生活再建支援策の強化を