6月22日(月)、自民党女性活躍推進本部が開催され、「女性活躍のための重点方針2020」について意見交換がなされました。

私が座長として提言を取りまとめました養育費について、生活する上で最も身近である自治体窓口と弁護士を連携させて法的な対応ができるようにするなどの措置、また子どものための大切な権利であることの周知の必要性について発言させていただきました。

また、乳児用液体ミルクについても全国自治体の備蓄量の把握とともに、有効活用されるよう周知、賞味期間が迫っている物資の有効活用、災害時における使い捨て哺乳瓶とニップルをセットにした備蓄や医療用マスクの備蓄の必要性、その他にも活発に意見が出されました。