整備が進んでいる新山梨環状道路のうち、東部区間に8億6000万円の事業費が認められました。

以前から東油川?広瀬間について「高架構造で」との地元要望を受けて取り組んでいましたが、大きく実現へ前進しました。
東部区間に続いて甲府市向町付近(国道20号)かたを経る北部区間について1月26日、自民党県連所属の県議とともに国道交通省を訪ね、早期事業化を訴えました。