11月9日(金)、「安心・安全の道づくりを求める全国大会」に出席しました。

立谷秀清福島県相馬市長(副会長)の司会で開会され、全国から450を超える市町村長様がご参加してくださいました。

古賀誠全国道路利用者会議会長のご挨拶の後、佐藤信秋参議院議員が会長代行がご就任された旨の発表されました。

道路は、市町村の命の綱「人口減少」「災害対策」から街を救うものであり、道路整備の必要を改めて確認する大会でした。

また、衆議院厚生労委員会が開催されました。

根本匠厚生労働大臣、大口義徳・髙階恵美子厚生労働副大臣、上野宏史・新谷正義厚生労働大臣政務官よりご挨拶をいただきました。