農林水産省の推進する事業のひとつに『都市農村共生・対流総合対策交付金事業』というものがあります。

 

農山漁村の持つ豊かな自然や食を観光、教育、健康等に活用する、集落連合体による地域の手づくり活動を支援し、都市と農山漁村の共生・対流を推進する事業です。昨年、の江口市長と、地元の市議会議員の先生方と共に、の取り組みを国に認めてもえるよう、農林水産大臣に直接事業の説明をしてまいりました。(ご参考:昨年5月9日活動報告)

 

その結果、農林水産省の支援が決定し、事業の1つとして棡原にお花畑が誕生しました。今は、昨秋に地元の方々が種まきをされたお花が見事に咲いております。先日、お花見がてら、秋のお花の準備を地元の皆様と一緒にさせていただきました。

緑が色濃い山々を眺めながら、そしてお花を愛でながら皆さまと語らったり、作業したりすることは、心身共にリフレッシュでき、活力がわいてまいります。このお花畑が地元の皆様やを訪れた方々の憩いの場となることを心から願っております。