と山梨県行政書士会の大規模災害時における被災者支援に関する協定調印式】迅速な対応とオンライン化で町民の安心生活に貢献

12月19日(火)、【と山梨県行政書士会の大規模災害時における被災者支援に関する協定調印式】が行われました。

今回の協定では、対面方式に加えて、電話や電子媒体を利用した相談業務の提供が盛り込まれており、災害時における迅速かつ効果的な対応が期待できます。

西桂町は「マイナポータルを用いた罹災証明書の発行申請手続きのオンライン化」にも既に対応しており、これらの取り組みは、緊急時に町民の皆様の大きな助けとなることと思います。

この協定が、更なる町の発展と町民の安心な生活につながることを期待しています。

 

前の記事【リハビリテーションを考える議員連盟】武見厚労大臣に3療法士の処遇改善を要望
次の記事【自民党女性活躍推進特別委員会】今後の進め方を役員・関係省庁と打ち合わせ