4/27、初めて衆議院本会議場の演壇に立たせていただき、自民党を代表して「働き方改革法案」の質問をさせていただきました。
さすがに緊張しましたが、地元から多くの方々に傍聴に来ていただき、感謝感激です。

主な質問内容は以下の通りです。
・時間外労働の上限規制の意義について(安倍総理に)
・高度プロフェッショナル制度の創設意義・健康確保の仕組みについて(加藤厚労相に)
・同一労働同一賃金実現の重要性について(加藤厚労相に)
・本法案の成立に向けた意気込みについて(安倍総理に)

※衆議院インターネット中継

衆議院インターネット審議中継