7月4日(火)、『宏池会60周年シンポジウム』が開催されました。

「21世紀の持続可能な資本主義」と題して、岸田文雄宏池会会長、林芳正宏池会座長とコモンズ投信の渋澤健会長、昭和女子大学理事長 坂東眞理子総長によるパネルディスカッションが行われましたが、時代をさまざまな角度から捉えた内容で勉強になりました。

参加者との質疑応答など活発に行われ、大変有意義なものとなりました。