この度の豪雨災害によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。

避難している皆様、対応に当たられている皆様、どうかお気を付けてください。そして、まだ被害の拡大が予想されています。命を最優先に行動していただきますよう、お願い申し上げます。

7月8日(水)は国会の方で活動しました。

【地域公共交通事業の未来を切り開くための提言】

地域公共交通の活性化及び再生を考える議員連盟により、赤羽国土交通大臣および宮本経済産業大臣政務官へ提言を申し入れました。

コロナ禍においても鉄道やバス事業者などにおいては、地域住民の不可欠なインフラとして位置づけられ、厳しい経営状況の中、そのサービスを提供してくださっています。コロナ収束後の公共交通を巡る社会情勢は大きく変化します。この変化に対応した事業モデルとそれを公的に支援する枠組みを早急に確立することを求めました。

【環境・温暖化対策調査会、原子力規制に関する特別委員会合同役員会】

日本の環境政策における強みと今度の展開について意見交換しました。

【法務部会】

骨太の方針に向けて活発に意見交換しました。

■ この記事の最終更新日は