出初式】500名参集、消防団の充実と地域防災の要の役割

の出初式は、500名もの団員ご参集の下、執り行われました。

地域防災は、住民の生命、財産を守るために不可欠であり、消防団はその中心的な役割を果たしています。

消防団のさらなる活動充実のため、これからも力を尽くしてまいります。

※ 能登半島地震では、消防団員が命を救おうと、今この瞬間も汗を流しています。頻繁する災害において、地域の防災力の要である消防団員に寄せられる期待は日に日に高まっています。消防団員の勇気と,日頃からのご努力に改めて感謝と敬意を表します。

 

前の記事【山梨市消防団 出初式】伝統の「水の洗礼」を行い、地域防災への尽力に敬意
次の記事【富士吉田市 出初式】迅速な対応と広域連携で火災被害を最小限に、訓練と体制の重要性を称えつつ被災者への祈りも