9月12日(金)から14日(日)の日程で「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」World Assembly for Women in Tokyo(略称:WAW! Tokyo 2014)が東京にて開催されました。

このシンポジウムには、ラガルドIMF専務理事をはじめ世界各国から政治リーダー、ビジネスリーダー、有識者がご参加されました。女性が働くことによる経済効果や多様な働き方、社会の発展や世界共通の女性の課題について議論し、東京から世界へ女性活躍促進のための方途を発信しました。

安倍総理は「女性が輝く社会をつくる」というテーマを一昨年12月の政権発足以来、一貫して、最重要課題のひとつに掲げてこられました。女性の生き方、働き方には様々な選択肢があると思います。総理は「どの選択も貴いと思います。どの道でも良い。自信をもって選択した道を生きる女性の皆様を応援していきたい。女性の活躍を阻むあらゆる課題に挑戦していきます。」とスピーチされていらっしゃいました。

私も、主婦をしながら子育てをしながら国会議員としての職務に携わっております。これまでの経験を活かし、そして何よりも皆様からのお声に耳を傾けて、これからも女性もそして男性も輝く社会づくりに取り組んでまいります!

【外務省HP】http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page22_001189.html