昨日2/12(水)の衆議院予算委員会での質問が、新聞などで取り上げられました。

 

※TBSニュース

衆院予算委、新型肺炎 中小企業対策など審議

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は経済的にダメージを受けている中小企業への資金繰り対策について準備を進めています。国会からの報告です。  衆議院予算委員会で、安倍総理は観光などの分野に影響を及ぼし始めているとして、早急に対策をとる考えを強調しました。  「今回の被害を受けて、頑張っている企業や中小企業、そして小規模事業者の方々のために何らかの経済政策が必要ではないか」(自民党 堀内詔子


※UTYニュース

新型コロナウイルス対応 政府 中小企業の資金繰り支援へ

2月12日、政府は観光客の減少の影響を受けている旅館業者など中小企業への資金繰りの支援に早急に取り組む考えを示しました。 これは、この日開かれた衆議院の予算委員会で安倍総理が、山梨県選出の堀内詔子衆院議員の質問に対して答えました。 …


※日経新聞

首相、新型コロナ「予備費活用して今週中に対応策」 衆院予算委: 日本経済新聞

安倍晋三首相は12日午前の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、「予備費も活用し、今週中に当面緊急に措置すべき対応策をとりまとめる」と表明した。


※産経新聞

新型肺炎で資金繰り支援など実施へ 安倍首相「中小に影響」

安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に関し、「旅館業をはじめ地域の中小、小規模事業者にも影響をもたらし始めている。資金繰り支援や相談態勢の準備、整備など必要な対策を速やかに実行に移していく」と述べた。 …


 

■ この記事の最終更新日は