5月17日(土)、第18回わんぱく相撲富士五湖場所にお邪魔しました。

18年もの歴史を持つこの大会では4、5、6年生の横綱(優勝者)は8月に両国国技館で行われる全国大会への出場権が得られます。

日本古来の伝統文化、そして国技でもある相撲を通じて、子どもたちに礼節や勝負の厳しさ、また夢と希望を与える、このような大会を支えていらっしゃいます。

富士五湖青年会議所の皆さまや関係者の皆さま方に感謝と敬意を表させて頂きます。
私も「相撲の発展を求める議員連盟」に所属しており、活動の応援をさせていただいております。

大会前に子どもたちと勝負!…練習相手にもならなかったですが、元気な子どもたちと触れ合えて、パワーを頂きました。ありがとうございました!