12月5日(木)の主な活動報告です。

【未来のため、今を考える】

アジアを代表する環境の総合展示会「エコプロ2019」を自民党環境部会のメンバーで視察しました。(東京ビッグサイト)

国連が定めた17の目標「SDGs(持続可能な開発目標)」
難しい言葉かもしれませんが、ご存知でしょうか?

持続可能な社会とは、「地球環境や自然環境が適切に保全され、将来の世代が必要とするものを損なうことなく、現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会」と言われています。経済発展、技術革新により、人々の生活は物質的には豊かで便利なものとなりましたが、一方で私たちのこの便利な生活は、私たちが豊かに生存し続けるための基盤となる地球環境の悪化をもたらしています。

このSDGsを経営戦略上の重要事項と位置づけた事業再構築や新規市場開発への動きが活発化する中、改めて持続可能な社会のあり方が問われており、自民党としても未来への取り組みを始めています。

【いわゆる「ひきこもり」の社会参画を考える勉強会】

平川博之先生(ひらかわクリニック院長)から、「ひきこもり支援」に精神科診療所の活用を、とのお話をお伺いました。

今日は、本会議、臨時総務会が開催されました。