憲法記念日にあたって
(党声明)

令和元年5月3日
自由民主党

本日、憲法記念日を迎えました。

 わが党は昨年3月末に、国民の皆様に問うにふさわしいと判断された4つの項目、すなわち、①安全保障に関わる自衛隊、②統治機構のあり方に関する緊急事態、③一票の較差と地域の民意反映が問われる合区解消・地方公共団体、④国家百年の計たる教育充実について、各項目の条文イメージ(たたき台素案)を示すことができました。

 憲法改正にあたっては、国民的な議論が不可欠であることは言うまでもありません。そのためには、国会における幅広い合意形成に向けた努力を、丁寧に、慎重に進めていくことが何よりも大切であり、こうした初心を忘れることなく、憲法改正の議論をリードしていくことが、わが党の使命であります。

 自由民主党は立党以来、「政治は国民のもの」との精神を胸に、たゆまぬ歩みを続けてまいりました。令和の時代においても、希望にあふれ、誇りある国創りを、国民の皆様、党員党友の皆様と共に進めていく決意です。