【「風流踊」がユネスコ無形文化遺産への提案候補に選定されました!】

山梨県の『無生野の大念仏』も提案候補に選定されました。

重要無形民俗文化財である「風流踊」が本年度のユネスコ無形文化遺産への提案候補として選定されることになったのです。今後、無形文化遺産保護条約関係省庁連絡会議における決定を経て、3月末にユネスコに提案書を提出する予定です。

 

 

無生野の大念仏 – 山梨県上野原市 公式サイト

無生野の大念仏 所在地 秋山地区無生野 概要 太鼓や鉦を叩きながら踊ります。南北朝時代直前の護良親王(もりながしんのう)と雛鶴姫(ひなづるひめ)を追善供養するために始まったと伝えられています。毎年、旧暦正月16日と新暦盆8月16日の2回、地区の集会所で行われています。

 

■ この記事の最終更新日は