6月15日(金)、国際保健医療戦略特命委員会に出席いたしました。

コンゴ共和国においてエボラ出血熱が発生し、6月11日までに、38例のエボラ出血熱が報告され、うち28例が死亡しています。

ユニバーサル・ヘルス・ガバレッジ(UHC)に関する我が国の対応について協議致しました。
UHCとは「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味し、すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受することを目指しています。