5/27(水)、令和2年度第2次補正予算案が閣議決定されました。

5月22日に「被災地での避難所設営における新型コロナ対策」を岸田文雄自民党政務調査会長に提言を行っていますが、要望内容が予算案に盛り込まれました。

避難所における必要物資については、地方公共団体が備蓄するところでありますが、感染症予防のためのパーティション、マスク、消毒液等の衛生用品等を国が備蓄し、地方公共団体からの要請を待たずに避難所等へ物資を届けられるよう支援の強化を図ります。

また、必要な備蓄や密集を避けるため、避難所以外にホテル・旅館等を借り上げるための費用について、地方創生臨時交付金が活用できるようにします。

第2次補正予算については、今後、予算委員会で審議されます。理事として早期成立に向けて、懸命に取り組みます。