10月30日(火)、下水道事業促進議連の総会が開催されました。

平成31年度下水道事業予算概算要求および下水道事業の現状、最近の自然災害の被害と対応について、日本水道協会森理事長からヒアリングさせていただきました。

下水道事業へは、国費約5000億円、事業費ベースで約1兆円が毎年投入されています。

豪雨災害、大規模地震への備えが強く求めらる一方、設備の老朽化、未普及対策など重要課題が山積しています、国民の暮らしを快適なものとするための決議をし、事業費の確保に向け、頑張ります。