自民党では、すべての女性が働き方、生き方など自分の希望を実現し、個性と能力を十分に発揮できる「すべての女性が輝く社会」の実現を目指しています。

山梨県では、労働力人口が減少する中で、性別を問わず優秀な人材を管理職に登用する必要があるとして、「女性職員の活躍促進に向けた取り組み方針」を策定しました。「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」を打ち立てた民間企業もあります。
共通するのは「女性の力を最大限に生かす」こと。女性のキャリア形成や仕事と家事の両立を支援して、女性が活躍できる職場環境を作り上げるとしています。

私自身、家庭を持ち、子育てをしながら議員になったので、身を持って体験していますが、女性が社会に出て仕事を持つにはクリアしなければならない様々な課題があります。家事、子育て、介護など、男性と比べるとやはり女性に求められる役割は多種多様です。女性にも男性にも働き方の選択はさまざまであると思いますが、「管理職以上になりたい」という意欲を持った女性が、働きやすい環境であるかというと、現段階では残念ながらそうではなく、「仕事と家庭の両立に不安」を感じる女性が多いことも事実です。

しかし、行政そして民間企業の中にも「女性の能力の十分な活用なくしては企業の将来はない」と中長期的に人材育成や職場環境の整備への取り組みが始まったことは、大きな前進であると思います。

女性が活躍しやすい社会づくりのためには、取り組みを進めていく中で、さまざまな問題や課題が生じてくると思います。私も国政の立場から、皆様とともに精一杯取り組んでいきます。