3月5日(木)、『令和元年台風15号等による被害を踏まえた無電柱化に関する緊急提言』をITS推進・道路調査会・無電柱化小委員会により、行いました。

昨年の台風15号は、大規模な停電や通信障害が発生し、被災地の復旧活動や住民の日常生活、地域経済に多大な影響を与えました。一方で、無電柱化がなされていたために停電の被害が軽微だった地区もありました。安全で美しい国土を創るために、国を挙げて無電柱化の取り組みを更に加速することが不可欠です。