11月18日(水)の主な活動報告(政務編)です。

【自治体病院議員連盟総会】

地域において、コロナ感染対応のみならず、住民の暮らしと命を懸命にお支えいただいております医療関係者の皆様方に深く敬意と感謝を申し上げます。
全国自治体病院開設者協議会会長の平井伸治鳥取県知事からは「地域住民の命を守りますから、頑張れる環境を整えてほしい」と切実な訴えがございました。地域医療の崩壊は絶対に招いてはなりません。

【新型コロナウイルス対応にあたる重点医療機関等の経営支援勉強会】

会長は岸田文雄前自民党政調会長。「コロナ病院倒産阻止」のための勉強会です。病院団体や厚生労働省からのヒアリングを通じ、課題の洗い出しなど活発に意見交換されました。

【2020治山・林道のつどい】

森林の再生・保全等に取り組み、安全で安心して暮らせる社会を支えてくださっている関係者の皆様方に深甚なる感謝と敬意を申し上げます。森林整備は地域の社会経済基盤であることのみならず、事前防災・減災にも大きな効果が得られます。全国治山林道協会長会議よりいただいだご要望に応えられるよう、しっかり取り組んでまいります。

【商工会法施行60周年記念式典・商工会全国大会】

新型コロナ感染症拡大や少子高齢化社会が進展する今、地域経済を支える小規模企業の持続的発展を支援しないと、地域の疲弊は止められません。地域中小企業支援機関である商工会はその第一線としての役割を期待されています。60年の間には時代とともに社会経済も大きく変わりました。その度に挑戦し、進化し続ける中小規模企業や商工会の関係者に心からの敬意を表します。

【警備業の更なる発展を応援する委員連盟総会】

コロナ禍における警備業の現状と課題としてKB-eye㈱の共同代表取締役の秋山一也様、橘田孝一様から新技術の活用についてご説明を受け、警視庁から説明をいただいた後、意見交換させていただきました。

【浄化槽推進議員連盟総会】

鈴木俊一会長、全国浄化槽団体連合会より要望をお伺いました。
その他にも、要望活動、面会などあり、分刻みのスケジュール、走り回っていました。