7月19日(火)、「堀内のりこを励ます会」を外務大臣の岸田文雄宏池会会長が発起人になって、東京・都市センターホテルで開いて頂きました。政治・経済界をはじめ、在京の山梨県出身の皆さんにもたくさん出席して頂き、大変賑やかな会になりました。

司会は森屋宏参院議員が務め、自民党の茂木敏充選挙対策委員長、細田博之幹事長代行、安倍内閣閣僚の石破茂地方創生担当大臣、石原伸晃経済再生担当大臣、塩崎恭久厚生労働大臣、高市早苗総務大臣、また宏池会座長の林芳正前農林水産大臣が次々に登壇して、堀内のりこ代議士への評価やこれからのさらなる活躍を期待する挨拶が続きました。

励ます会はこの後、宏池会名誉会長の古賀誠元自民党幹事長が乾杯の発声を行い、夏の夜、2時間ほどの歓談が続きました。
会の中ほどで、東京都連会長の石原経済再生担当大臣が都知事選真っ最中の増田寛也候補を紹介するハプニングがあり、増田候補は壇上で「私の父は農林省の役人時代、山梨県に5年間出向し、兄は父の出向中甲府で生まれている。のりこ代議士とともに、隣同士の東京と山梨のバランスある発展を目指したい」とあいさつされました。