先日、富士急行線河口湖駅にほど近い「ふるやのコロッケ」さんにお邪魔しました。昔ながらの懐かしい佇まいのお店です。地元住民はもちろんのこと、観光客にも大人気のコロッケ屋さんです。

お店を切り盛りするおばあちゃまの幸(さち)さんは昨年に引き続き、山梨県の子育て不安をサポートする児童虐待防止CM「先輩の声」に今年も出演なさるそうです。(11月から始まります)

笑顔の優しい幸さんは子育て中のお母さんを応援する働き者です。

 

また、幸さんは戦争で亡くなった旦那様のご兄弟の死亡告知書をお財布の中に入れ、今も大事にされているご先祖様思いの方です。

私の義父堀内光雄が遺族会の方々のために様々な政策に長い間取り組んできた事を御存知で、私の顔を見た途端に奥のお部屋から、息子さん3人(おばあちゃまの御主人の兄弟)をなくされたご自身のお姑さんの形見のお財布を持ってきてくださいました。その形見のお財布の中から大切に取り出して下さったのは、御主人様の兄弟にあたる3人の方々の死亡通知でした。

 

1人でも多くの人に、戦争とは悲しい、哀しいものだと知ってもらいたい一心で見せて下さったのでした。

今の日本の幸せがあるのは、多くのご英霊の尊い命の犠牲があったからこそ、また、大切な家族を失う悲しみを乗り越えて日本を支えて下さった方々のお力があったからだという事を改めて強く感じた訪問でした。