2018年 8月 14日 火曜日

国会での主な委員会質問等

現在までの発言回数

発言回数 220回
内、政務官としての発言回数 111回

現在までの登壇回数

登壇回数 48回
内、政務官としての登壇回数 32回
平成30年 4月安倍首相に「働き方改革」への決意求める(本会議)
平成30年 4月「生活困窮者自立支援法改正案」について。地域の暮らしと経済づくりを支える『農福連携』への意欲についても述べる(厚生労働委員会)
平成30年 2月富士山防災、無電柱化、通学路の安全確保、生活道路の交通安全対策、建設業界の人材確保、インフラの老朽化対策など求める(予算委員会第8分科会 / 国土交通)
平成30年 1月「火山噴火対応」「女性活躍」を求める(予算委員会)
平成29年 6月

平成28年10月
平成28年10月(第192回国会)〜平成29年6月(第193回国会)は厚生労働大臣政務官として111回の答弁に立つ。
平成28年 3月「仕事と介護」両立を可能にする政策を!雇用保険法改正内容に注文(厚生労働委員会)
平成28年 2月産後ケアから介護、医療報酬に至るまでの広い分野について政府の方針を確認(予算委員会第五分科会)
平成27年 3月認知症の早期発見、早期対応求め、塩崎厚生労働大臣から「平成30年度までに認知症初期集中支援チームを全市町村に配置」との答弁引き出す(予算委員会第五分科会)
平成27年 7月ネットでの偽「母乳」販売の問題点指摘。毎日新聞が夕刊の一面で報道(消費者問題特別委員会)
平成27年 7月社会福祉法人制度改革について人材の確保など、更なる福祉の充実を目指して(厚生労働委員会)
平成27年 7月ドラム式洗濯乾燥機の危険性訴え、大手家電が次々設計変更(消費者問題特別委員会)
平成27年 3月在宅医療と介護の関係者が連携できる取り組み求める(予算委員会第五分科会)
平成27年 3月戦没者遺族への国の支援求める特別弔慰金支給法改正成立(厚生労働委員会)
平成26年 5月青少年をインターネットの危険性や情報モラルから守るために(青少年問題に関する特別委員会)
平成26年 4月「振り込め詐欺」や「悪質な金融商品販売」について高齢者の方々に寄り添う活動、地域に根付いた見守り活動の必要性を訴える(消費者問題に関する特別委員会)
平成26年 2月山梨の大雪被害について除雪対策・観光面での風評被害の拡大防止・農業復興などに対する国の対応求める
平成25年 4月富士山の火山防災で国に積極関与を要求
内閣府の「大規模噴火対策」につなげる(衆議院災害対策特別委員会)
平成25年 4月女性の就労環境拡大求める(厚生労働委員会)
堀内のり子
衆議院議員 山梨2区 自由民主党山梨県第二選挙区支部長 元厚生労働大臣政務官

今週よく読まれている記事